MENU

借金から解放されたいと願った日々

私はずっと、「もう借金なんて嫌だ! 毎月の支払から解放されたい!」と思っていました。

 

毎月の返済日が憂鬱で、生きた心地がしなかったんですよね。

 

借金があると何をしても楽しくありません。それでも現実と向き合いたくないので、無理やり酒を飲んでいましたね。酔っ払っている間は全てを忘れてハッピーでした。

 

でも、酔いが冷めると…再び借金まみれの現実が待っていましたよ。

 

ふと鏡を見ると、生気のない瞳を浮かべた男が映っていました。まさに、死んだ魚の目ですね。白目が濁り、焦点が合わず、人生に何も期待しない表情でした…。

 

まさに、知らない男が鏡に映っていたのです。

 

「おまえ、誰?」

 

と、自然につぶやいていましたね。

 

当時30歳前半でしたが、40代、50代のように見えましたし、道の向こうから私のような人間が歩いてくれば、慌てて道を譲ったことでしょう。そのくらい、人生に疲れ、やつれ、投げやりな表情をしていました。

 

借金がある方が頑張れる?

 

中には、「人間、少しくらい借金がある方が頑張れる」と言う方がいます。

 

そのようなタイプもいるとは思います。しかし…ごく一握りではないでしょうか。

 

大半の人間は、借金によって身も心もやつれていきます。24時間借金のことばかり考え、次の支払日にお金を用意できるだろうか、もし返済できなければどうなるだろう…と悩むのです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

私は完全にそのタイプでしたね。

 

貸金業者から毎月請求書が届きましたが、真剣に見ることはありませんでした。ちょっと見て、あとは放置です。今月の返済額だけ確認していましたね。

 

リボ払いなので一気に増えることはありませんでしたが、それでもジワジワ利息が膨らんでいきますから、返済金額も上がっていきました。

 

リボにも種類がありますが、私は定額+利息を支払うタイプのリボルビング払いでしたね。

 

返しては借り、借りては返しを繰り返していたので、常に限度額はマックス状態、少しでも収入が途絶えれば即延滞、という危険な状態でした。

 

仕事はしていましたが、自営業なので不安定きわまりなく、定額の給料が欲しい、ボーナスが欲しいと思って就職活動もしましたが、なかなか就職先が決まらない状態でしたね。

 

借金滞納 ⇒ 生活改善へ

 

そして借金延滞、催促の電話がガンガン鳴り響く…という状況になりました。

 

借金を返すアテも無かったですし、多重債務の借金地獄というやつです。

 

しかし悪いことばかり続かないのも、また人生です。

 

司法書士に任意整理を依頼して、貸金業者からの督促、取り立てはストップしましたし(法律でそう決められています)、就職面接を受け続けて、契約社員として中途採用も決まっていました。

 

司法書士が任意整理の交渉を行っている間、支払いも一旦停止しましたし、その間に真剣に過去を振り返り、反省して、生活改善に取り組んだのです。

 

具体的には、収支管理表を付けてお金の出入りを細かくチェックしたり、無駄遣いを省いたり、借金返済のシュミレーションを立てていました。

 

生活費は最低いくら必要なのか? 家賃、食費、光熱費の割合はどのくらいか? 何をどう節約すれば、前向きに生きることが出来るのか?

 

などなど、真剣に人生再建に取り組みましたね。

 

その結果、今があります。前向きに人生を歩んでいますし、お酒に逃げたり、無謀な浪費からも卒業しました。

 

任意整理で見る見る借金が減りました

 

任意整理を依頼して約3ヵ月後、貸金業者と交渉がまとまって利息カット、月々の返済額も低く抑えてもらいました。

 

その分、完済まで長期になりましたが、任意整理前は全く元本が減らなかったわけですから、長期でもかまわなかったのです。

 

あれから5年。すでに借金150万以上、完済しています。

 

2度目の任意整理を行ったこともあり、残り50万の支払いはありますが、月々2万円の支払いで、あと2年です。

 

30代の内に借金返済が終わるので、今はその日を楽しみに生きていますね。

 

毎月2万円で利息無しですから、月々の負担も重くありません。任意整理前は月5〜6万返済しながらも、全く借金が減らなかったので。

 

あの日、死んだ魚の目をした男は、もう鏡の中にいません。アラフォーなので瞳はキラキラしていませんが(笑)、それでも、前向きな表情で生きていますよ。

 

あなたも無料の減額診断を受けてみて下さいね。